Aamazonせどりで知的財産権・商標権で訴えられた件

こんにちは。KAMOです。

今回は物販における重要項目の知的財産についてお話しします。

知的財産の詳しい仕組みは複雑になるので割愛。
Amazonにおいて、知的財産で訴えられると次のようなリスクが発生します。

  1. 商品の出品の強制停止
  2. アカウントの停止もしくは削除

もちろん数回程度では停止までされません。
しかし、出品は100%できなくなるので不良在庫を抱えてしまいます。

なぜ知ってるかって?僕が実際に受けたからだよ!

というわけで、今回は知的財産権にひっかかる商品の見極めをお話しします。

僕の二の舞にならないように気を付けて!

過去の知的財産権の苦情を確認

まずは現状の確認から。
もしかしたらあなたはすでに知的財産権の侵害をしてしまっているかもしれません。

確認はセラーテントラルから行えます。
パフォーマンスメニューのアカウント健全性をクリックしてください。

アカウント健全性ページ内の「商品規約の順守」を確認してください。
この中の「知的財産に関する苦情」にアラートがあれば、過去に侵害したとして苦情を受けています。

そうです。僕も過去に苦情を受けたことがあるのです。

ちょっとした油断、知識不足により商品の出品を停止するしかありませんでした。
幸いにアカウント停止にはなりませんでしたが・・・。

苦情を出すメーカーは決まっている

過去に僕が苦情を受けた商品がこちらになります。

大手音楽機器のメーカーですが、現状JBL関連の商品を出品すると100%苦情を受けます。

しかし、パナソニックやソニー、JVCなどは問題がありません。
そう、メーカーによってAmazon出品への対応が異なるのです。

ならば、苦情を出すメーカーを丸暗記すれば良いのか。
それも対策の1つですが、メーカーは膨大であり全てを覚えるのは現実的ではありません。

また、ソニーは一時期苦情を頻繁に出しており、出品者がどんどんアカウント停止に追いやられていました。

このようにメーカーの対応は時期により異なることもあるので、商品ごとに判断をするのがベストです。

この間は出品できたメーカーだから今回も問題はないだろう。
逆にこのメーカーは出品できないから見ても仕方ない。

そんな思い込みで調査を怠れば大きな損失を被ってしまうかもしれません。

知的財産にひっかかる商品の判断方法

実は判断方法はそこまで難しくありません。
次の2つを抑えていれば、まず防げます。

  1. メーカー・Amazon・大手量販店しか出品していない。
  2. 出品者が一向に増えていない。

まずは現在の出品者から判断する

1とは要するに僕たちせどらーが1人も参入していない商品です。

実際にJBLの商品を例にとって考えてみましょう。

この商品の出品者を確認します。

Amazonを筆頭に名だたる量販店が出品をしています。
一方で聞いたことも無い店舗(僕たちのようなせどらー)は一切出品していません。

これはJBLの販売許可を取ることがせどらーにできないためです。

ここで出品をすると苦情を受け、販売を禁止されてしまいます。
販売権があれば、苦情に異議を申し立てることができます。

しかし、個人に販売権なぞあるはずがありません。
なので、せどらーは出品をしていないのです。

出品者が増えていない

続いては別の商品を見てみましょう。

WAYLLYというブランドのスマホケースです。
こちらは出品者が生産元のケースオクロックのみです。

この時点で知的財産の苦情を受ける可能性は濃厚です。
しかし、もう少し調べてみましょう。モノレートを見るのです。

ランキングの変動が激しい、つまり売れ行きが凄まじい商品だという事が分かります。
これを見るとつい仕入れたくなりますよね。せどらーにとって回転率の高い商品は喉から手が出るほど欲しいのです。

にも拘わらず出品者は全く増えていません。これが見極めポイントです。

あなたが仕入れたい商品は他のせどらーも仕入れたいはず。なのに、増えていないという事は裏があります。

決定的なのは一瞬だけ出品者が1人増えてすぐに減っている動き。

これは誰かが出品をするも苦情を受けて出品を取り下げているということです。

このデータを見て僕は仕入れを断念しました。

まとめ

もう一度、知的財産の侵害の苦情を受ける商品の見極め条件を記載します。

  1. メーカー・Amazon・大手量販店しか出品していない。
  2. 出品者が一向に増えていない。

なお、出品者が少ない=販売できないというわけではありません。
単純に生産が終了しており、商品が少なくなっているだけの時もあります。

その時はモノレートの過去の動きを見て、出品者の増え方がおかしくないかを確認しましょう。

滝のように一気に出品者が減っている場合は苦情を受けている危険があります。

いらぬリスクは避け、最大限の利益を得る。
ぜひ今回の内容を元に商品の仕入れに挑戦してみてください。

おすすめの記事