凡人がブログで1万PVを超えるコツ

こんにちは!かもです!

ブログで大事な指標にPVがあります。
閲覧数のことですが、多ければ多い程に収益は上がりますし、Googleの評価も上がっていきます。

しかし、そのPVを伸ばすのは容易ではありません。
だからこそ多くの人が挫折し、ブログを放置あるいは削除してしまうのです。

僕自身、3つのブログを運営していますが、成果が出ているのは1つだけです。

難儀な日々でしたが、おかげで失敗も成功も経験し、それなりにノウハウが溜まってきました。
ということで、今回は1つの壁である1万PVの到達のコツを書いていこうかなと思います。

コツというか心構えですかね。暇つぶしに読んでみて下さい。

なお、稼ぐノウハウは書いてません。その辺は頑張ってください。

ブログの基本的なノウハウ

これに関してはヒトデさんのブログを読んで下さい。
色々なサイトを見ましたが、もっとも分かりやすく役に立ちます。

これからブログを始める人は、ヒトデブログ以外見ない方が良いレベルです。ノイズが入る。
もちろんこの記事も読んではいけません。閉じて下さい。

試行錯誤をして成果が出なかった人。言い方は悪いですが、凡人の方。
そういった方は先を読み進めて下さい。

僕自身、超凡人なので、それなりに参考になると思います。

ブログを書くより先に続けられるジャンルを見つける

ブログをして稼ぎたい!

こういった思考の方はだいたい失敗します。
理由は単純で稼げないからです。ブログで稼げるという思考を1回捨てましょう。

継続のモチベは「金」より「好き」

ブログで成功する上で必須なのが継続です。
どんなしょぼいブログでも続ければ、PVは伸びます。

ただ、その継続の先に得られるのはせいぜい月収1万円程度なんですよね。
そこから上を目指すのには更なる苦難が待っています。

稼ぎたい!だけでは絶対に続きません。少なくとも凡人には不可能です。

なので、視点を変えます。

稼ぎたいではなく、書きたい、発信したい。そんな思考でブログを始めましょう。

そのために重要なのがブログジャンルです。

ブログで稼げるジャンルは山ほどあります。恋愛、金融、就職etc。
でも、そんなのを考えても仕方ありません。どうせ続きません。

一方であなたが書きたいジャンルはどうでしょうか。
そこまでの熱意があるジャンルはあるでしょうか。

もし、あればそれこそがブログで書くべき内容です。

逆に熱意のあるジャンルが1つも無い人はブログに向いてません。ブログは諦めましょう。

最低でも2,3年は熱意の冷めないジャンルでブログを始める

僕が唯一成果が出てるブログは2012年から続けています。
それから今日までそのジャンルの熱意は冷めていません。

流石にここまでは難しいでしょうが、最低でも2,3年はモチベが継続しているジャンルをオススメします。

初めて数か月程度だとすぐに飽きます。僕は飽きた。

この記事を読んでいる人にせどらーが多いと思います。
せどりに関して言うと、月商100万円を1年継続すれば良いと言うのが僕の見解です。

上を見ればキリがありませんが、せどりの副業では月商100万が1つのゴールですからね。それが続けば熱意は十分だと思います。

特化ブログで軸をしっかり決める

雑記ブログはやめましょう。あれ、回遊率がまったく上がりません。

特化ブログ一択です。軸を決め、それに関連する記事で固めます。
回遊率が高ければ、記事が増えるごとにPVがうなぎのぼりです。

雑記ブログから始めて好きなジャンルを探す手法もありますが、面倒です。労力に見合いません。
ブログを書くのが好きな僕ですら途中で嫌になったので、苦手な人は特化で行きましょう。

テンプレタイトルで記事を書きまくる

ブログ運営で最初に躓くのがタイトルでしょう。
キーワードプランナーや先駆者のサイトを参考にする。そんな努力をするはず。

まあ、それも大事なんですが、それより手っ取り早い手法もあります。

レビューブログは 「作品名+レビューor評価」

例えば、レビューブログ。
これテンプレートが決まってるんですよ。「作品名+レビューor評価」です。

なので、体験した商品はテンプレタイトルで書きまくりましょう。
僕自身、レビューブログで稼いでますが、ほとんどがテンプレタイトルです。

もちろん検索数は少ないですが、0ではありません。
誰だって評価で検索しますから。一番ムダが出にくいタイトルです。

100記事もかけばそれなりのPV数になります。

せどりブログは「店舗名+コツor攻略」

次にせどりブログ。
これも分かりやすい。有名どころの店舗名とコツとか書いておけばよいです。ツール+使い方でも良いですね。

レビューブログに比べて母数が少ないので、ライバルが増えがちですが、無駄にはなりません。

自分が調べるキーワードをそのまま使う

慣れてきたら自分が普段調べるキーワードを思い出しましょう。
ここで最初のジャンル選びが活きてきます。

熱意をもって始めたジャンルなんだから普段から自分で調べてるはずです。キーワードなんかいくらでも出てきます。

なにが伸びるか分からないからタイトルに神経質になるな

凡人がどんなに思考を巡らしても想定通りのPVは稼げません。
なら、自分本位の好き勝手な記事を書きましょう。そういう記事が割と伸びるのです。

本邦初公開。僕の婚活ブログの記事を紹介しましょう。

婚活と関係ねーじゃん!そう思うでしょう。でも、こういうのが何故か伸びるんです。
絶賛放置中ですけど、この記事だけで毎月500~600はPVを稼いでいます。

ちなみにこの記事はめちゃくちゃ書いていて楽しかったです。そういうノった記事は読者の心をつかみやすい。
タイトルも記事内容も吟味していません。勢い100%です。

総括するとタイトルで神経質にならず楽しんで書き続けましょう。それが一番確実です。そんな話。

あ、ちなみに先ほどの記事は直帰率97%と回遊率がゴミの記事です。婚活と関係ないからね。

30%の完成度で記事を投稿する

ノウハウでよく言われますよね。100%出なくても投稿して良いって。
僕も賛成で、完成度は酷くてもとりあえず投稿しろという考えです。

  • 誤字脱字の確認はいりません
  • 区切りが良ければ、即日投稿しましょう
  • 気が向いたらリライトしましょう
  • 文字数は気にしなくて良いす。

これぐらいの心構えで良いです。

個人的に最初の内は1記事3時間で終わらして、投稿した方が良いと思います。

これ小説創作界隈での定説ですが、どんなに頑張っても完成しないと意味がありません。
この場合の完成は投稿です。ムリヤリ気味でも良いので、投稿しましょう。

慣れてきたら勢いに任せて書いて投稿する感じにシフトします。
この記事もそんな感じで勢いで書いてます。推敲はしません。面倒だし。

Twitterの活用方法

フォロワー数を増やしてPVを爆発的に伸ばす

これは色々な人に言っていますが、Twitterをしている人は早期に成果を出せます。
例を出しましょう。先日に僕はこんな記事を書きました。

SEOをいっさい考えない適当なタイトルです。
ただ、界隈ではそこそこ刺さる内容なので、Twitterに流してみました。

いいね51とそこそこの反響です。より詳細なデータも貼っておきます。

なお、この日はこの記事だけで562PVを取っています。

月間1万PVを達成するために、単純計算で1日333PV以上が必要です。
極端な話、Twitterに毎日記事を通知すれば、楽に月間1万PVを達成できます。

一定数のフォロワーか刺さるテーマでなければならない

ただ、この手法は誰でも使えるわけではありません。
そもそもツイートを見られないと意味が無いので、フォロワー数が少ない人には厳しいでしょう。

僕はフォロワー数が2,800とそこそこなので、成果が出たのです。
これは主観ですが、1000程度のフォロワー数なら狙った効果は出ると思います。

また、刺さるテーマであればリツイートされるので、それを狙うのもありでしょう。
フォロワー数3桁の時代に脱サラ失敗のNoteをツイートしたら反響がありました。

まあ、やって損はしないので、Twitterをしている人は積極的に宣伝しましょう。

オピニオン記事はTwitterと相性が良い

これはいつか別記事で書きますが、オピニオン記事はTwitterにぜひ流しましょう。

みんなそういうのに持論を展開したくなるので、自然と拡散されます。
レビューブログではオピニオン記事をTwitterに流したところPVが1000も増えました。

フォロワー数はそんなに関係ないので、ぜひ狙ってみましょう。なお、炎上記事は非推奨。

最後に

途中からよくわかんなくなってきましたが、まとめると

  • 稼げるジャンルより好きなジャンル
  • 特化ブログにしろ
  • 雑でも良いから投稿する
  • タイトルに時間をかけるな

こんなところです。
短期間で稼ぎたい人にブログは向いていません。そこだけははっきり言えます。

おすすめの記事