Amazon本体と価格競争をして地獄を見た件

こんにちは。旅するグルメせどらー鴨です。

今回はAmazon本体との価格競争での失敗談をお話しします。
今回の教訓を先に言っておきましょう。

Amazon本体と無理に価格競争をすれば赤字になるので、同価格で勝負せよ。

Amazon本体が販売している時の3つの対応

では、以下の商品をご覧ください。

こちらの商品はAmazon本体が販売している商品です。

さて、この商品をあなたが仕入れた場合、価格設定はどのようにしますか?

①Amazonより安く設定する
②Amazonと同じ価格に設定する
③Amazonより高く設定する

ケースバイケースですが、①は最終手段にしてください。

価格を下げるとどうなるか

あなたが価格を下げた場合、Amazonの対応は次の2つのどれかです。

①Amazonが価格を下げてこない
②Amazonが価格を下げて対抗してくる

価格を下げてこなければ問題ありませんので、カートを独占しましょう。
しかし、往々にしてAmazonが価格を下げてくるケースは多いです。

しかもAmazonはどこまでも下げてくるため、価格競争をすると高確率で赤字販売になります。

これでは意味がありません。
そのため、Amazonが価格を下げてくるようであれば、Amazonと同じ価格に設定しておきましょう。

Amazon本体がいてもカートは取れる

多くのせどらーは勘違いしがちですが、Amazonと同価格でもカートが取れないわけではありません。

実は今回の商品は僕が以前に販売していました。
もちろんライバルはAmazonです。ですが、同価格でも売り切りました。

今回の商品は売れ行きが良く、Amazonとカートの奪い合いをしても売り切れると踏んで仕入れました。

もちろん「商品の売れ行き」や「資産状況」によっては赤字にしてでもカートを奪わなければならない時はあるでしょう。

しかし、Amazonに勝つことを目的にして肝心の利益を忘れてはいけません。

最後に

物販とは安く仕入れて高く売る。これが基本ルールです。

最大限の利益を狙うことが最優先。
Amazonより安く売ることは最終手段にしましょう。

おすすめの記事